離婚届を出す前にまずは確認 a

離婚をスムーズに進めるために、大切なことは事前準備です。

この記事では離婚時の財産分与でトラブルにならないために

・慰謝料、養育費の相場
・「持ち家」の財産分与について
・財産分与を有利に進めるために絶対やるべきこと

を解説していきます。

慰謝料請求のための条件と相場

相手の不法行為により精神的な苦痛を受けた場合に、慰謝料を請求することができます。
事例は大きく分けて以下の2つが多いです。

・浮気や暴力など、離婚に至った原因から生まれる精神的な苦痛に対するもの
・離婚をする(=配偶者としての地位を失う)ことから生まれる精神的苦痛に対するもの

金額は「離婚に至った原因」「結婚期間の長さ」「精神的苦痛の程度」などから総合的に判断されます。

相場は50万円~300万円で、
原因が悪質である・結婚期間が長い場合は高くなる傾向にあります。

養育費の相場

養育費は
①夫婦の年収
②子どもの生活費(人数、年齢に応じて異なる)から決められます。

裁判所のサイトに算定表がありますが、
例えば夫婦の年収が計1000万円(各500万円ずつ)で子どもが1人だとすると以下の通りです。

子どもが15歳未満 2~4万円/月
子どもが15歳以上 4~6万円/月

「持ち家」の財産分与について

慰謝料・養育費はもちろんですが、同じく重要なのは財産分与です。

家などの不動産は、たとえ所有者が単独名義であったとしても、財産分与の対象になります。

例えば、「夫のほうが収入が多く、ローンも夫だけが支払っている」、「持ち家が夫のみの名義になっている」などの場合でも、結婚後に築いた財産は夫と妻で折半することができます。

夫婦の収入の差に関わらず、公平に財産を受け取ることができるのです

持ち家の財産分与はローン残高によって、2通りに分けられます。

ローン残高よりも売却価格のほうが高い場合、家を売却し、ローンも完済したのちに余った金額を、夫婦で折半することで財産分与を行います。

ローン残高よりも売却価格のほうが低い場合、ローン返済に足りない金額を夫婦で半分ずつ出し合うことで精算します。

このように、「持ち家の価値」次第で、財産分与の方法が大きく変わってきます。離婚をスムーズに進めるためにも、まずは自分の目で持ち家の価値を確かめることが重要です。

簡単・無料で家の価値を知るには?

でも、家の価値を調べるなんてやったことないし、難しそう…」と考える方も多いかと思います。

しかし最近は、持ち家がいくらで売れるか、無料で簡単に査定依頼できるサイトが増えてきました。

いくつか試した中で、個人的に1番良かったのが「リビンマッチ」というサイトです。

オススメポイントは以下の3つです。

無料・最短45秒でカンタンに依頼できる
・加盟会社は日本最大級の全国1,700社以上
最大6社の不動産会社で一括比較でき、とにかくラクに最高査定額を知れる

使い方はカンタンです。まずは家の種類を選択し、

査定に必要な情報を入れるだけ。

これだけで査定依頼は完了です。
不動産会社から届いた査定額がこの通りです。

たった1分で査定依頼が出来ました。

しかも、査定に出したからといって、無理に売る必要はありません
まずは金額を見てから検討したいという人も、安心して試すことができます。

\45秒で入力完了!/

無料で家の価値を確認する

確認するならお早めに

不動産価格が上昇中とはいえ、不動産は築年数とともに資産価値が下がっていきます。
後から「あの時やっておけば」と後悔する前に、まずは無料で家の査定を依頼してみてください。
持ち家が高く売れれば、今後の生活の見通しも立てやすくなるでしょう。

\45秒で入力完了!/

無料で家の価値を確認する