※助成金(補助金)は先着順です!
今のうちに見積もりだけでもしてみませんか?

▼お見積りは下の画像をクリック▼

外壁塗装・リフォームには
助成金(補助金)が使える
158万円が70万円になった!
簡単・無料で調べる方法

外壁塗装を安くする最新情報
塗装・修理・リフォームに必要な気候条件は「気温が10℃以上、湿度が85%未満」です。

 

7-8月は気温が高く、塗料が乾くスピードも速いです。工期も短くなることが多いので、外壁塗装にはもってこいの季節と言えます。

 

この記事では、より金額を安くする助成金(補助金)の確認方法を載せているので、ぜひ参考にしてください。

築10年の我が家も、ついに外壁に剝がれてる箇所が…

「早く直さなきゃ!」と見積もりを取ったら、
なんとその額158万円

「あまりにも高すぎる」と一旦は諦めたのですが、
実は外壁の塗装は
地域からもらえる助成金(補助金)で
安くできる
と聞いて
早速申請をしてみることに!

すると驚いたことに、ウチの場合は
20万円も貰えることが判明!

さらには、工務店3社以上
相見積もりを取ることを
おすすめされたんです。

実際に調べてみると・・・
その差は歴然!

もちろん私は90万円の工務店に依頼することに!

そういうわけで、当初の見積もり158万円から
70万円にまで下げることに成功!
本当に助かりました。

>>助成金(補助金)対象か確認してみる

助成金(補助金)受給の注意点をチェック!

この助成金(補助金)を受け取るための注意点は以下になります。

3つの注意点
①工事前に申請する必要がある
②申請時には工務店が作った見積もり書が必要
③募集人数や申請金額に制限がある

つまり、
なるべく早めに見積もりを取って
工事前に申請を行うこと
が重要なんです!

※助成金の募集は数が限られていて、8月中には終わってしまう自治体もあります。確実にゲットするには今の時期から見積りしておきましょう。

相見積もりと助成金の確認ができる有能ツール

とはいえ、一社ずつ見積もりを取ったり、助成金の条件を確認するのは骨の折れる作業ですよね…。

そこで私が重宝したのが一括見積・助成金確認ツールヌリカエです!

↓こんな風に質問にサクサク答えていくだけで最安値を教えてくれます。

ヌリカエでできることは以下の通りです。
全て無料で利用することができます。

・助成金が貰える地域かどうかの確認
・優良工務店の相見積もり
・工事内容や申請方法の確認

・助成金に対応している工務店の紹介

ヌリカエは見積ツールとして月間60万人が利用しているようです。
運営元が上場企業なので信頼度も間違いないツールです。

>>相場確認ツール「ヌリカエ」はこちら

また、ヌリカエで見積もりを取れる工務店は
厳しい審査基準を満たした
優良店のみとなっている
ので
ユーザー評価も高いんです!
これもヌリカエをオススメできる理由となっています。

実際にヌリカエを使って外壁塗装をした人の口コミ

提案内容はとても分かり易く、要望に沿って素材や予算や幾つのプランがあったので細かく決めれてとても助かりました。迅速な対応といい、費用といい、施工といい、すべてが我が家ではちょうどコミットしていてとてもよかった。

 

利用した業者さんは他の業者と比べてリーズナブルな金額と内容。必要のない部分は必要ないとハッキリ提案して頂き、ほぼ当初の予定通りに塗り替えが完了した。不満に感じることはなかったです。

いずれも公式サイト(https://www.nuri-kae.jp/review)より抜粋

また、ヌリカエを使うメリットはもう1つあって、
工事後に不具合が見つかった場合に、補修費用を補填してくれるんです!

ヌリカエを利用した方限定のサービスなので、使わない手はないですね。
しかも、国土交通省認定のサービスとなっているので安心です!

8月中には助成金募集が終了する所も。
早めの確認がオススメ

これは自治体によるのですが、
募集人数や年間予算の制限もあるので、
早目の確認がオススメです。

外壁塗装は特に、先延ばしにしてしまうと劣化が進み、今よりもどんどん費用が上がってしまうので注意が必要です。

余計な出費がかさむ前に、
まずは自宅が助成金(補助金)対象か確認
してみましょう!

\あなたの家はいくら安くなる?/
助成金対象か確認してみる

 

※保証サービスの対象を調べたので解説しておきます。
①保証対象:工事完了後1年間以内に著しい白化、白亜化、膨れ、はがれ、亀裂が生じた場合
②対象外:雨漏りが生じた場合。
紹介業者によっては適用できないケースあり