【タワマン神話崩壊?】
価格暴落の可能性も!?
都心のマンション要注意

PR:株式会社すむたす

その時にあなたは備えていますか?

5年前、投資も兼ねて購入した都心のタワーマンション。

最近「不動産価格が上がっている」と話を聞き、
ワクワクしながら査定額を調べた私。

しかし、その査定額を知って思わず血の気が引きました。

なんだこの価格、思っていた額より低すぎる!

「何かがおかしい…」

そう思い、都心のマンションの価値について色々調べたところ、
「今後価値が暴落する可能性がある」
と言う人が出てきているんです!

タワマン人気もう無い説

2021年に11月実施された『タワーマンションへの居住願望に関するアンケート』によると、
20・30代女性の多くが「興味がなく、住みたいと思わない」と回答。

出典:https://strate.biz/news/tower_apartment-20-30/

また、過去の住まいに対する意識調査でも
「今の家(タワマン)に一生住み続けたい」と考えている人は、
1.8%と一般物件と比較してかなり低い!

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000014.000006104.html

住人の後悔は市場にもバレている

それもそのはず、当時は周りに羨ましがられたタワマンも、いざ住んでみると

この通りデメリットもかなり多い…。

特に問題なのは防災面で、住む階数によっては
震度3が震度5にも感じる」なんてこともザラ。

実際、2019年には武蔵小杉エリアの某マンションが大型台風の被害を受け
地下の電気設備が浸水・停電。

トイレやエレベーターが数日間停止するなど全国ニュースにもなり、
都心部の地盤の弱さが買い手にも再認識されました。

出典:https://toyokeizai.net/articles/-/309170

今後都心マンションは
ますます価格下落の可能性あり

直近まで都心の中古マンションの需要が上がっていたのは事実です。

しかし、それはあくまで2020年までの話

実際、国土交通省が出しているエリア別の公示価格の平均を見てみると、
特に銀座や浅草などの商業地はインバウンド消失の影響で地価下落の動きが続いています。

参照:三井住友トラスト不動産「不動産市場の動向」より

今後は、コロナ禍で住宅ローンの支払いができなくなった任意売却の急増
さらには、22年度の税制改正で住宅ローン控除制度の適用期間や控除額が縮小される可能性から、
上がり続けてきた相場も今後は暴落するかもしれないと予想する人が出てきています。

 

「このままじゃマズい!」

かつてない焦りを感じた私は、本格的に不動産査定サービスを試しまくりました。

なかなか満足のいく査定が出ず正直諦めかけていましたが…先日やっと信頼できる査定サイトを見つけたんです!

AI査定で手軽に「確実に売れる」価値の確認を

それが、WEB完結型のAI査定の「ウレタ」です。

ウレタは、「高く売る」仲介業者と「確実な買取」価格をAIにより同時算出する最新の不動産テックサービス。

  • ネットで手軽といいつつ、入力項目が多いんじゃない?
  • どうせ営業電話がくるんでしょ?

と思われる方にもおすすめな理由は、
簡単なフォーム入力後、最短1時間で査定結果が分かるうえに

なのに!
ウレタで算出された価格は、
保証証明書付きの実際に売れる価格
だから売却したい!となったら
最短二日で現金化も可能なんです。

ウレタを試した人の口コミ
(出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000038198.html)

「ウレタ」は手軽に価格だけを知りたいというニーズでも、個人情報が必要無く、企業を選択しない限りは営業の電話やメールも無いので、気軽に利用できる点がよかったです。(30代、男性、足立区在住)

 

マンション売却は初めてだったので、何から手をつけたら良いのかわかりませんでした。「ウレタ」で物件の売却価格が分かった上だと、売却先の不動産会社の選択もスムーズに判断でき、不動産初心者には大変助かるサービスだと思いました。(40代、女性、品川区在住)

 

査定するならコレを使わなきゃ損

マンション査定が面倒な時代はもう終わりました。
これからは便利で手軽なAI査定の時代です。

先に書いた通り、都心のマンションには今後価格暴落の可能性もあります。
今のうちに、査定額だけでも知っておいて損はないでしょう!

運営会社 プライバシーポリシー