知らないと後悔する!
ガレージを低予算で実現する
マイホームの作り方

マイホームを建てたいと思った時、車を持っている方は、駐車場をどうするかで悩みますよね。

敷地内にガレージなどの駐車スペースを確保できるほど広ければいいですが、敷地面積の都合上難しい方も多いでしょう。

とはいえ、どこかに駐車場を借りるのもお金がかかります。

そんな時、駐車スペースを建物の一部に取り込んでしまうのが、「ビルトインガレージ」です。

「ビルトインガレージ」にすると、毎年の固定資産税が安くなります!!

ビルトインガレージは、高いと思われてる方も多いようですが、実は、世帯年収400万円台、貯金なしでも!月々6万円台の支払いで、賃貸より安くビルトインガレージのマイホームを作ることができます!

車好き必見!
ビルトインガレージのメリットとは?

ビルトインガレージのメリットといえば次の通り。

狭い敷地の有効活用!

雨に濡れず、乗り降り、荷物の出し入れが楽になる!

倉庫や趣味の部屋代わりに使える!アウトドアグッズも置きやすい!

住宅総面積の5分の1以内なら固定資産税が安くなる!

毎年課税される固定資産税を節約でき、浮いた分のお金でマイホームのメンテナンスなどに回すことができるというのは、ビルトインガレージにすればこそのメリットなんです。

>> 無料!3分で理想のプランを作成する

このように、あると便利なビルトインガレージですが、建てる際のコストやどんな空間が理想なのかを知るために、まずは情報収集をしてみましょう!

実際ビルトインガレージにすると高くなるという声もありますよね。

少しでも安く
ビルトインガレージを作るには

ビルトインガレージの相場は、車一台の駐車スペースに対して、100〜400万と相場が大きく変わります。

それは、設置の検討や工法など様々な点で工夫が必要だからです。

・照明
・換気
・シャッター
・間取り
・広さ

このような検討が積み重なって、金額が大きく変わってきます。

つまり、希望を叶えつつ少しでも安くするには、コミュニケーションがきちんと取れ、メリットデメリットを説明してくれる誠実なハウスメーカーや工務店を見つける必要があります。

そこでオススメしたいのが、複数社に一括で見積もりをする方法です。

複数社を一度に比較することで、ビルトインガレージの値段も各社バラバラなことに気づくでしょう。

複数社を一度に見ることは、専門的な知識も増え、「デザイン」「工法」「価格」などにも精通できます。

ビルトインガレージを少しでも安くしたいなら、とにかく複数社を比較しましょう。

その方法はとても簡単、専門のサイトで一括見積もりをするだけ。

しかも、一括見積もりの方が安くなるカラクリがあるんです!

なぜ一括見積もりが安くなるのか?

今、オススメなのが、サイトで複数社に一括見積もりする方法です。

特に、この後オススメするサイトでは、各企業にとっては住宅展示所や広告費を削減できる分というメリットがあり、お得にしてもらえます。

そのオススメのサイトとは、

「タウンライフ」です。

複数社に一括見積もりができる大手サイトです。

全国600社以上の優良企業が登録しており、32,000件もの実績があるサイトです。

タウンライフでは無料で「家づくり計画書」を作成してもらえます。

内容は以下の三つです。

①間取りプラン
②注文住宅費用
③土地提案

あらかじめこちらの希望をサイトから入力し、希望に沿った提案をしてもらえます。

また、費用の相談や土地探しも相談に乗ってもらえます。

>> 無料!3分で理想のプランを作成する

具体的な利用の流れ

まずはフォームから情報を入力。3分ぐらいで入力が完了します。

希望条件はこんな感じで箇条書きで書けばOK。

・ビルトインガレージの家

・玄関の他にガレージにも出入り口が欲しい

・アイランドキッチン
・2階にトイレ,寝室(8畳),子供部屋
・子供部屋を将来仕切れる(6畳・6畳)
・38坪程度

営業電話が心配という方は、「連絡はまずメールからお願いします」と記入しておけば、かかってきません。

すると、各社から間取りや費用、土地提案がそれぞれ届きます。

世帯年収400万円以上であれば、月6万円台で賃貸より安く、想像以上の家が建てられることが分かります!

>> 無料!3分で理想のプランを作成する

【さらに安くなる!】今なら「すまい給付金」の支援が受けられます

『まだ全然貯金がない…』
『理想を叶えるには、お金がかかりそう…』

そんな風に考えていた方も、まずは、無料で「家づくり計画書」を請求してみてください。

しかも、今は消費税率の引き上げに伴い「すまい給付金」で最大50万円の支援が受けられます!

すまい給付金は2022年内に入居が完了した住宅が対象です!

今から準備を進めておくのが良さそうですね。

理想のプランを作成して、予算や間取りなど確認するところから始めてみましょう♪

>> 無料!3分で理想のプランを作成する