キッチンのリフォーム
もっと安くなるかも?

安く理想のキッチンを叶える
方法
を徹底解説!

「キッチンのリフォームを少しでも安くしたい」

そんな方は安くするためのポイントをしっかり押さえて、お得にリフォームしましょう。
中にはなんと数十万円単位でお得になる方法も…。
知らずにリフォームしてしまうのは損ですよ!

この記事ではキッチンリフォームの相場や最安値が分かとっておきの方法をご紹介します。

こんな方におすすめ
・少しでも安くキッチンのリフォームを行いたい
・キッチンリフォームの相場を知りたい
・いろんな業者を比較検討して選びたい

ステップ1:キッチンリフォームの相場を知る

まずは相場を知ることからスタートです。
ズバリ、キッチンリフォームにかかる費用は50万~150万円前後が相場です。
シンプルなキッチンに交換するだけなら50万程度で済むこともあります。

相場にこれだけ開きがあるのは、システムキッチンのグレードや種類、レイアウトの変更有無など、様々な要因によって価格が変動するから。

また、リフォーム業者によっても相場は異なり、たとえば大手のハウスメーカーに頼むと宣伝費や中間マージン費がかかってしまうので、高くつく傾向にあるので注意が必要です。

相場は求めているキッチンの内容によって大きく変わります。全体的な相場よりも具体的な内容を念頭に業者を比べて調べましょう。

>> 無料で見積もりを取る方法はこちら

ステップ2:必要な設備・機能を絞り込む

「どんなキッチンが理想なのか?」

ここを明確にして、不要なオプションの追加や工事は避けるようにしましょう。
たとえば以下のことを心がけると費用を抑えることができます。

①キッチンの位置や種類は変えない
②キッチンのグレードを下げる

①キッチンの位置や種類は変えない

キッチンの位置を変えるとなると、床の補修や水道・電気の工事も発生してしまうことがほとんどです。

また、I型キッチンを対面型に変更するなど、型を変えるにも配管の場所が変わるため費用がかさむ傾向にあります。

できれば位置を変えずに同じタイプのキッチンを選ぶようにしましょう。

②キッチンのグレードを下げる

リフォーム費用の大部分を占めるのはシステムキッチンにかかる費用です。

選べるカラー・素材・部位やオプションを注意することで価格を下げることができます。
たとえば、自動調理機能や収納は最低限のシンプルなものを選ぶのが鉄則です。

たとえば…
・素材は大理石よりステンレス
・コンロはグリルや自動消火の機能はつけない
・ガスコンロ⇔IHは変更しない
・食器洗浄機はつけない

機能は後付けできることも多いので、後付けできるか確認しておいて、予算に余裕ができたときにつけるというのがおすすめです。

ステップ3:補助金制度が利用できるか確認する

さらに、キッチンのリフォームでは補助金を利用できることがあります。
補助金を利用する方法は以下の二つです。

①長期優良住宅化リフォーム推進事業の補助金を利用する
②地方自治体の補助金制度を利用する

①長期優良住宅化リフォーム推進事業の補助金を利用する

長期優良住宅化リフォーム推進事業」とは、子育てのしやすい環境整備と質の高い住宅の確保に繋がるようなリフォームを推進している事業です。

その中で、三世代同居対応改修工事というものがあり、子育てのしやすい環境を構築するために、三世代同居ができるような増設には補助金を出しますよ、という制度があります。

対象は、増設を含む工事を入れ、かつキッチン・浴室・トイレ・玄関の4箇所のうち2つ以上が複数箇所ある住宅です。

認定を受けることができれば、なんと最大250万円の補助を受けることが可能です。

②地方自治体の補助金制度を利用する

また、各地方自治体もリフォームに補助金を出している場合があります。

補助金制度を調べるには、「キッチン 補助金 市区町村名」などと入力して検索してみましょう。

県によっては行っていない場合もありますし、年度や他の人の申請状況によっても補助金の有無は変わります。
詳しい内容は各自治体のホームページなどで確認しておきましょう。

よく分からないという方は、このあと紹介する方法でリフォーム会社を探して相談しましょう!

ステップ4:キッチンのリフォーム実績がある業者を比較する

ここまできたら、あとは業者を探して比較するだけ。
キッチンリフォームの実績がある業者を探すのが良いでしょう。

また、複数の業者を比較して検討するというのも大切なポイントです。

そこでおすすめしたいのが、リフォーム会社紹介サービスのリショップナビです。

・工事内容や申請方法に関するアドバイス
・補助金に対応した業者の紹介

・優良業者の相見積もり

これらを無料で相談することができます。
つまり、今まで説明した安くするための方法は、リショップナビを使うことで全て解決できます。

優良業者への相見積もりをすれば、相場や最安値が把握できるので必ずお願いしましょう。

ポイント
なるべく複数の会社のリフォーム会社に見積もりを依頼し、最も相性がよいと思える業者に任せましょう!

リショップナビでは、過去の実績や保証内容など複数の審査項目をクリアした優良な会社だけを取り扱っています!
質の高い施行を行う会社を厳選しているので、安心して選ぶことができますよ。

さらに、万が一工事ミスが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」を用意しています。リフォーム工事中の事故で住まいに損害があった場合や、引き渡し後1年以内に工事瑕疵があった場合の損害を保証しています。

利用料は一切かからないので、まずは相場を知りたい方、補助金について相談したい方にもってこいですよ。

こちら↓ が実際の入力画面で、こんな感じでサクサク質問に答えていくだけです♪

>> リショップナビの利用はこちら

まずは3分でできる見積もりを!

まずは手軽にできる見積もりから。

もちろん、見積もりを見て止めようと思ったらお断りしても問題ありませんし、相場を知れるというだけでも大きなメリットがあります。

まずはリショップナビを利用してリフォームの一歩を踏み出しましょう。

>> 無料見積もりスタート