キッチンのリフォーム
もっと安くなるかも?

補助金を利用するための方法
を徹底解説!

「キッチンのリフォームを少しでも安くしたい」

そんな方におすすめなのが補助金(助成金)を利用する方法です。

補助金制度は利用するのにいくつか条件がありますが、適用されればなんと数十万円単位でお得になることもあります。

難しそうに思える補助金も少しずつ理解を進めれば大丈夫。
この記事では補助金制度の悩みを解決できて、さらに安い業者が探せるとっておきの方法をご紹介します。

こんな方におすすめ
・補助金(助成金)の利用方法を知りたい
・補助金に詳しい優良業者を選びたい
・少しでも安くキッチンのリフォームを行いたい

補助金を賢く利用して、少しでも工事費用を抑えましょう!

>> 早速補助金が使えるか調べる

ステップ1:補助金制度を探す

そもそも補助金制度にはどんなものがあるのか?
キッチンのリフォームで補助金を利用する方法は以下の二つです。

①長期優良住宅化リフォーム推進事業の補助金を利用する
②地方自治体の補助金制度を利用する

①長期優良住宅化リフォーム推進事業の補助金を利用する

長期優良住宅化リフォーム推進事業」とは、子育てのしやすい環境整備と質の高い住宅の確保に繋がるようなリフォームを推進している事業です。

その中で、三世代同居対応改修工事というものがあり、子育てのしやすい環境を構築するために、三世代同居ができるような増設には補助金を出しますよ、という制度があります。

対象は、増設を含む工事を入れ、かつキッチン・浴室・トイレ・玄関の4箇所のうち2つ以上が複数箇所ある住宅です。

認定を受けることができれば、なんと最大250万円の補助を受けることが可能です。

②地方自治体の補助金制度を利用する

また、各地方自治体もリフォームに補助金を出している場合があります。

補助金制度を調べるには、「キッチン 補助金 市区町村名」などと入力して検索してみましょう。

県によっては行っていない場合もありますし、年度や他の人の申請状況によっても補助金の有無は変わります。
詳しい内容は各自治体のホームページなどで確認しておきましょう。

調べてもよく分からないという方も大丈夫。このあととっておきの方法をご紹介します!

ステップ2:補助金申請時の注意点を知る

次に、補助金申請時の注意点をあらかじめ把握しておきましょう。

注意点は三つあります。

注意
①申請は工事前に行う必要がある
②申請時に必要な見積もりは早めに用意しておくこと
③募集人数や申請金額の上限に達する前に申し込む

つまり、なるべく早めに見積もりをして工事前に申請を行うことが重要です。

盲点なのは見積もりをしないことには補助金額も分からないので、早めに見積もりだけでもしておいたほうがいいということです。

>> 早速見積もりをしてみる

ステップ3:業者を選ぶ

補助金を使ってリフォームするのであれば、補助金活用の提案が得意なリフォーム会社を探すのが良いでしょう。

とはいえ、自分が住んでいる地域で補助金が得意な業者なんて素人にはなかなか分かりませんよね。。

そこでおすすめしたいのが、リフォーム会社紹介サービスのリショップナビです。

・補助金に対応した業者の紹介
・工事内容や申請方法に関するアドバイス
・優良業者の相見積もり

これらを無料で相談することができます。

補助金に精通している業者の紹介だけでなく、
優良業者への相見積もりをすれば相場や最安値も把握できるので必ずお願いしましょう。

ポイント
なるべく複数の会社のリフォーム会社に見積もりを依頼し、最も相性がよいと思える業者に任せましょう!

リショップナビでは、過去の実績や保証内容など複数の審査項目をクリアした優良な会社だけを取り扱っています!
質の高い施行を行う会社を厳選しているので、安心して選ぶことができますよ。

さらに、万が一工事ミスが発生した場合に備えて、「安心リフォーム保証制度」を用意しています。リフォーム工事中の事故で住まいに損害があった場合や、引き渡し後1年以内に工事瑕疵があった場合の損害を保証しています。

利用料は一切かからないので、まずは相場を知りたい方、補助金について相談したい方にもってこいですよ。

こちら↓ が実際の入力画面で、こんな感じでサクサク質問に答えていくだけです♪

>> リショップナビを利用するならこちら

依頼が完了すると、コンシェルジュから電話でヒアリングがあり、リフォーム会社を複数紹介してもらえます!

あとは各業者に見積もりを依頼して比較するだけです♪

まずは3分でできる見積もりを!

まずは手軽にできる見積もりから。

先延ばしにしてしまうと、補助金制度が締め切られてしまうことも。。
補助金の利用は早い者勝ちです。

もちろん、見積もりを見て止めようと思ったらお断りしても問題ありませんし、相場を知れるというだけでも大きなメリットがあります。

まずはリショップナビを利用してリフォームの一歩を踏み出しましょう。

>> 助成金がもらえるか無料で調べる