ほんとにいいの?
ここで行動しないと後悔するかも…
まずは説明会への参加だけでもしておくことをお勧めします。
▼画像をクリック▼

20代未経験から
エンジニアになる方法

&よくある間違え3選

やっとの思いで就職した飲食店だが、賃金が減らされ続けて苦しい毎日。
そんな中、IT企業でバリバリ働いてる友人とは年収300万もの差が…

「手に職をつけて高収入な業界で働きたい…」
そんな方でも二ヵ月でITエンジニアに
なれるチャンス、あります!

経験なしでエンジニアになれるはずない
エンジニアになるには高額スクールが必須

そんな思い込みから行動できず
エンジニアへの憧れを諦めようとしている人も多い
と思います。

しかし、コロナの影響でさらに就職難が予想される一方で、実はエンジニアは今後ますます需要が拡大していくと予測されています。

実際に経済産業省の試算データを見てみると、「IT人材は2030年に約79万人(現在の約75%)不足しうる」というぐらい深刻な状況です。

(出典元: IT人材需給に関する調査(2019年3月)

そんな状況もあり、このあと紹介する就職支援サービスでは、就職成功率98%、継続率95%という驚異的な実績を残しています。

未経験からのエンジニア就職は方法さえ間違えなければ誰でも可能です!

今回はよくある間違えと、おすすめの就職サービスを紹介します。

>>おすすめの就職サービスはこちら

よくある間違い①未経験OKの求人に応募する

意外と未経験OKの求人もあるんだな。よし、応募してみよう…

未経験歓迎という求人も中にはありますが、実際のところ書類選考で落とされてしまうことが多いです。

また、要注意なのが、ふたを開けてみればデータ入力や簡単な作業などのエンジニアの仕事とは程遠い仕事内容だった…なんて求人も隠れていること。

完全未経験者がすぐにエンジニアになれるほど世の中は甘くないものです。
エンジニアになるなら、ある程度のスキルを身に付けてから挑戦するのが得策です。

よくある間違い②プログラミングを独学する

それならまずは勉強だ!プログラミング学習のサイトに登録して、書籍を買って…

スキルを身に付けようと思ったときに始めやすいのが独学。
たしかに今はプログラミング学習サイトも充実しており、独学でスキルを身に付けることは可能です。

しかし、独学の場合にはこんなデメリットも。

・分からないことがあっても質問できない
・非効率で時間がかかる(目指すレベルによっては数年かかることも)
・モチベーションを保ちづらい

とにかく非効率で挫折しやすいのが独学のデメリット。
すぐにでもエンジニアとして就職したい!という方には不向きです。

よくある間違い③スクールに通う

最終手段…やっぱりプログラミングスクールか!

効率的に学習したいならプログラミングスクールがおすすめです。
しかし、プログラミングスクールは高額です。

相場としては60万程度。すでに覚悟が固まっていて金銭的な余裕もあるなら良いですが、

「もしやってみて挫折したら」
「せっかく学んでも就職できなかったら」

と考えると不安が残ります。

未経験からエンジニアになりたい人
が使うべき
就職サービスはコレだ

独学もスクールもデメリットが多そうでなかなか踏み出せないなあ…

そんな方におすすめなのが、

就職成功率98%
継続率95%
サポート充実度96%

という驚異の数字を誇る

未経験者専用の無料のITスクール「ネットビジョンアカデミー」です。

ネットビジョンアカデミーは、既卒・第二新卒・フリーターに特化した就職支援サービス。

徹底した就職支援サポートがあり、最短2ヶ月でIT業界でエンジニアとして就職できます。
文系や未経験から資格取得ができるように、エンジニア経験者が授業形式でレクチャー。
しかも講座代・テキスト料等は一切無料!

さらに、なんとCCNA合格率は95%以上を誇ります。

CCNAとは
ベンダー資格である「シスコ技術者認定」の一種で、ネットワークに関する知識を問われる認定試験です。ネットワーク技術の基礎力があることの証明となるため、未経験者の転職・就職で非常に有利に働きます。

実は今、ネットワークエンジニアなどの「インフラエンジニア」が注目されていることを知っていましたか?「アプリケーションエンジニア」と比べて未経験者が採用されるケースが多く、近年活躍が注目されています。

CCNAはネットワークエンジニアを目指すのにぴったりな資格で、まさに未経験からエンジニアを目指す方は取っておいて損はありません。

\まだまだある!選ばれる6つの理由/

まずは無料説明会にて面談があり、その後さっそく学習スタートです。

ウェブ面談も行っているので今のご時世も安心して利用できますよ。

まさか講座代無料の就職支援サービスがあるなんて!!

▼ネットビジョンアカデミーを使って就職した人が沢山います。

※全て公式HPから抜粋

履歴書や経歴書、面接のフィードバックをいただけたので、
1週間という短期間で内定をいただくことができました。

未経験者でも理解できるように初歩の初歩から丁寧に教えていただけました。
IT業界経験者ですが、前職をやめてからブランクがあったので復習になったので、抜け落ちた知識を補いつつ、新しいことも学んでいけました。
また、座学だけでなく実機を触れることが嬉しくて、モチベーションを維持できました。

(T.Tさん/女性/活動期間約1ヶ月)

 

入校して1ヶ月間後のCCNA取得に向けて、ネットワークの基礎知識を学びました。
午前に座学で知識をつけ、午後から実機演習を通して学習を深めていくスタイルとなっています。

資格取得後には転職活動を全面サポートしてくれます。
各種書類の作成→添削。これを繰り返して質を上げていく。
また、マナー研修や面接練習を本人が納得するまで出来ること。少しでも困っている事があればすぐ対応してくれるのでとても満足しています。

(T.Yさん/男性/活動期間11/6-11/17)

 

CCNAについての勉強だけでなく、実機演習もあり、知識をアウトプット出来るのでとても有意義でした。

履歴書、経歴書の添削、面接の練習や質問の回答について、企業先の情報やその面接後のフィードバックもあり、とても助かりました。

(T.Hさん/男性/活動期間3ヶ月)

 

実際に多くの方から評価されている実績もあり!

ちなみに、厚生労働省の調査(※2021年1月のデータ)によると、コロナで仕事を失った人は見込みも含めて8万人にも上るといいます。
また、賃金カットに悲鳴を上げる声も多く、今や手に職をつけておくことは必須な時代。

エンジニアなら将来的には年収1,000万円も夢ではありません。

ただし、2020年から小学校でプログラミング学習が必修化し、国としてもIT人材の確保に向けて対策を進めています。売り手市場はいつまで続くか分からないので、今のうちにスキルを身に付けておくのが吉です。

サービスはすべて無料。
まずは説明会にだけでも参加してみることを
おすすめします。