\ちょっと待って!/

解体工事もっと安くなるかも?
補助金を利用するための方法
を徹底解説!

「解体工事を少しでも安くしたい」

そんな方におすすめなのが補助金(助成金)を利用する方法です。

補助金制度は適用されればなんと工事費用の半分以上を負担してもらえるものもあります。

難しそうに思える補助金も少しずつ理解を進めれば大丈夫。
この記事では無料で補助金制度の悩みを解決できて、さらに安い業者が探せるとっておきの方法をご紹介します。

こんな方におすすめ
・補助金(助成金)の利用方法を知りたい
・補助金に詳しい優良業者を選びたい
・少しでも安く解体工事を行いたい

補助金を賢く利用して、少しでも工事費用を抑えましょう!

>> 早速無料診断をはじめる

ステップ1:補助金制度を探す

前提として、解体工事の補助金は自治体の制度です。
そのため、各自治体のホームページを確認したり、直接問い合わせをすることで詳細を確認することができます。

たとえばこんな制度があります。

・老朽危険家屋解体撤去補助金
→倒壊の恐れがある危険家屋の除去を助長する制度です。

・都市景観形成地域老朽空き家解体事業補助金

→都市の景観を守るために設けられた補助金制度です。

・建て替え建設費補助金
→一定の基準を満たす住宅を建築する場合の補助金制度です。

解体費用の1/5から1/2程度の補助金が支給されることが多いようです。

さらに、補助金を受けられる条件も自治体によって変わりますが、以下のような要件が多いことも抑えておきましょう。

・一年以上住んでいない、または、他の用途に活用されていない
・個人所有である
・一戸建て住宅、または、併用住宅である

ステップ2:補助金申請時の注意点を知る

次に、補助金申請時の注意点をあらかじめ把握しておきましょう。

注意点は三つあります。

注意
①審査には時間がかかる
②申請時に必要な見積もりはあらかじめ用意しておく
③募集人数や申請金額の限度があることが多い

つまり、早めに見積もりをして申請を行うことが重要です。

盲点なのは見積もりをしないことには補助金額も分からないので、早めに見積もりだけでもしておいたほうがいいということです。

>> 早速見積もりをしてみる

ステップ3:業者を選ぶ

最終ステップとして解体業者を選ぶこととなります。
補助金を使って解体工事をするのであれば、補助金の情報に詳しい業者を選びたいですよね。

とはいえ、「自分が住んでいる地域で補助金に詳しい業者はどこなのか?」「信頼できる業者はどこなのか?」を探すのは骨の折れる作業。。

そこでおすすめしたいのが、解体工事ヌリカエ 住宅解体です。

・補助金に対応した業者の紹介
・工事内容や申請方法に関するアドバイス
・優良業者の相見積もり

これらを無料で相談することができます。

補助金に精通している業者の紹介だけでなく、
優良業者への相見積もりをすれば相場や最安値も把握できるので必ずお願いしましょう。

3社以上の相見積もりでリフォーム相場を知ろう!
相場を知るための方法として、1社だけの見積もりではなく最低でも3社以上の見積もりを取りましょう。3社比較をすると相場感がはっきりと見えると言われています。

ヌリカエ 住宅解体は、業界でも屈指の厳しい審査を行っていることで有名です。
運営している会社は、外壁塗装(ヌリカエ)や不動産一括査定(イエウール)にて実績がある株式会社Speee。
一括査定のノウハウを豊富に持っています。

利用料は一切かからないので、まずは相場を知りたい方、補助金について相談したい方にもってこいですよ。

こちら↓ が実際の入力画面で、こんな感じでサクサク質問に答えていくだけです♪

 

>> ヌリカエ 住宅解体を利用するならこちら

まずは3分でできる見積もりを!

まずは手軽にできる見積もりから。

再度、補助金を利用する際の注意点をアナウンスしておきますね!

注意
①審査には時間がかかる
②申請時に必要な見積もりはあらかじめ用意しておく
③募集人数や申請金額の限度があることが多い

先延ばしにしてしまうと、補助金制度が締め切られてしまうことも。。
補助金の利用は早い者勝ちです。

相場を知れるというだけでも大きなメリットがあります。

まずはヌリカエ 住宅解体を利用して解体工事の一歩を踏み出しましょう。

>> 助成金がもらえるか無料で調べる

運営者情報