空き家は放置してると損!
補助金と●●で安く解体できます!

「空き家の解体を少しでも安くしたい」

そんな方におすすめなのが補助金(助成金)を利用する方法です。

補助金制度は適用されればなんと工事費用の半分以上を負担してもらえるものもあります。

難しそうに思える補助金も少しずつ理解を進めれば大丈夫。
この記事では無料で補助金制度の悩みを解決できて、さらに安い業者が探せるとっておきの方法をご紹介します。

>> 早速無料診断をはじめる

補助金制度ってなに?

解体工事の補助金は自治体の制度です。
そのため自治体によって条件や支給額は変わりますが、解体費用の1/5から1/2程度支給されることが多いようです。

ただ、自分の家が補助金対象か判断するのは難しいので、後述する方法で専門家に相談したほうが早いです。

ちなみに補助金を受けられる条件も自治体によって変わりますが、以下のような要件が多く、当てはまる人が多いのではないでしょうか?

・一年以上住んでいない、または、他の用途に活用されていない
・個人所有である
・一戸建て住宅、または、併用住宅である

補助金申請時の注意点とは?

次に、補助金申請時の注意点をあらかじめ把握しておきましょう。

 

注意
①審査には時間がかかる
②申請時に必要な見積もりはあらかじめ用意しておく
③募集人数や申請金額の限度があることが多い

つまり、早めに見積もりをして申請を行うことが重要です。

盲点なのは見積もりをしないことには補助金額も分からないので、早めに見積もりだけでもしておいたほうがいいということです。

>> 早速見積もりをしてみる

補助金の悩みを解決したいなら

最終ステップとして解体業者を選ぶこととなります。
補助金を使って解体工事をするのであれば、補助金の情報に詳しい業者を選びたいですよね。

とはいえ、「自分が住んでいる地域で補助金に詳しい業者はどこなのか?」「信頼できる業者はどこなのか?」を探すのは骨の折れる作業。。

そこでおすすめしたいのが、解体工事ヌリカエ 住宅解体です。

・補助金に対応した業者の紹介
・工事内容や申請方法に関するアドバイス
・優良業者の相見積もり

これらを無料で相談することができます。

わたしも使ってみて分かったのですが、補助金に精通している業者の紹介だけでなく、
優良業者への相見積もりをすれば相場や最安値も把握できるから便利です。

3社以上の相見積もりでリフォーム相場を知ろう!
相場を知るための方法として、1社だけの見積もりではなく最低でも3社以上の見積もりを取りましょう。3社比較をすると相場感がはっきりと見えると言われています。

利用料は一切かからないので、まずは相場を知りたい方、補助金について相談したい方にもってこいですよ。

こちら↓ が実際の入力画面で、こんな感じでサクサク質問に答えていくだけです♪

 

>> ヌリカエ 住宅解体を利用するならこちら

補助金がダメでも相見積もりがある!

まずは自宅が補助金対象か聞いてみるところから!

先延ばしにしてしまうと、補助金制度が締め切られてしまうことも。。
補助金の利用は早い者勝ちです。

補助金が使えなかったとしても、優良業者の相見積もりでグッと安くなることもあります。 良い業者との出会いは今後の生活を快適にしてくれるはず!業者だけでも紹介してもらいましょう。

>> 助成金と優良業者について相談する

運営者情報