3年放置で罰金100万円!?
空き家を150万円⇒38万円で解体した
とっておきの方法を徹底解説!

「解体工事は高そうだし、そのままでいいか」

ついつい工事を先延ばしにしてしまっている方は要注意。

実は空き家は、放っておくと大変なことになります。

空き家にはどんなリスクがあるの?

3年以上放置している
衛生上有害となるおそれがある
景観を損なっている状態

「空き家対策特別措置法」という法律により、
このような家は行政処分の対象になる可能性があります。

6倍の固定資産税を納めなくてはいけなくなる
・対応次第では50万円の罰金が課される

こんなことになるかもしれません…。

>> 空き家を安く解体できた方法はこちら <<

空き家のもうひとつのリスクとは?

なぜこのような厳しい罰則が設けられているのか?

それは、空き家問題といって、
空き家の倒壊や放火、犯罪のリスクが高くなり、周辺へ悪影響を与えてしまうことが問題視されているから。

特に倒壊については、築30年以上の物件については耐震基準を満たしていない可能性があります!

「もしあなたの持っている空き家が倒壊したら…」

誰かの命に関わることだと思うと、他人事ではなくなりますよね。

助成金を使って解体工事をしよう

そんな話を受けて、わたしも解体工事をしようと決めたうちの一人。

ただ、近所で行った見積もりの金額は150万円。高い……

そこでなんとか安く解体できないかと調べたところ、
なんと解体工事には助成金を申請できると知りました。

自治体によって適用基準は違いますが、以下のような要件が多いです。

1年以上住んでいない、または、他の用途に活用されていないこと
個人所有であること
一戸建て住宅、または、併用住宅であること

もしあなたの家がこれらに該当するなら、使わない手はないです。

中には最大で100万円(*)を負担してくれる自治体もあるようです!
(*群馬県高崎市の例)

そして、助成金に対応した業者の紹介をしてくれて、さらに安い業者を探してくれるサービスがあります。

それが「ヌリカエ 住宅解体」です。

アンケート形式で質問事項にチェックするだけで、最安値の解体業者が分かるサービスです。

・助成金に対応した業者の紹介
・工事内容や申請方法に関するアドバイス
・優良業者の相見積もり
これらを無料で行ってくれます。

業者によって、こんなに違いが出ることも。

”無料””たった3分”で利用できるので、利用しない手はないです!

3社以上の相見積もりで相場を知ろう!
相場を知るための方法として、1社だけの見積もりではなく最低でも3社以上の見積もりを取りましょう。3社比較をすると相場感がはっきりと見えると言われています。

紹介してもらった解体業者に助成金のことを聞くこともできますよ。

>> ヌリカエで解体工事の相場を確認する

利用者の口コミ(公式サイトより抜粋)

 

見積もりの対応が早かった。また、見積内容が明確にされていた。
会社概要の内容・知名度が信頼できるものであった。

 

電話対応する方と現地対応の方が担当別で、しっかりとした連携ができていた。
施工スケジュールまでは詳細は詰めていないが、納得のいくスケジュールを出してくれそうだった。

 

見積りの項目が細分化されているが、的確で分かりやすく良かった。
また、概略見積りであったが、回答のメールも親切で、相談しやすく感じた。
金額、内容等満足できるものと思う。現場を見てもらって、さらに良い提案がいただける期待感はある。

 

 

まずは3分でできる見積もりを!

なお、ヌリカエでの見積もりを見て止めようと思ったらお断りしても問題ありません。
助成金が出るかどうかの相談だけでもOKです!

また、ヌリカエは仲介会社なので、一括見積りサイトによくある登録しただけで沢山の電話がかかってくるといった面倒ごとがありません。
かかってくるのはプロアドバイザーからの電話1本のみで、簡潔なヒアリングだけですぐに終わります。

時間が過ぎれば過ぎるほど「特定空き家」に指定されるリスクは高まってしまいます。
まずは以下のリンクから見積もりだけでもしてみてくださいね。

運営者情報