※給付金受け取りは期限つき!
今のうちに見積もりだけでもしてみませんか?

▼お見積りは下の画像をクリック▼

PR:株式会社LiLiFE

築5年以上の7割が該当】
平均120万円がもらえる!?
火災保険給付金のウラ技

最近ネットで驚きの事実を目にしました。

「実は戸建て(築5年以上)は火災保険で給付金が貰える!

しかもその額平均120万円!

9割が知らない火災保険の「実は…」

気になって調べてみたのですが、実は「火災保険」は

「火事が起こった時」だけでなく、

落雷、風水害などの「自然災害」による損傷など幅広くカバーしている保険

ということが判明したんです。

=つまり、条件に値する損傷が家にあれば保険適用される=給付金が貰える仕組み!

とはいえ、「ウチはそんな目立つ傷はないけどな~」と思いますよね。

しかし、素人がパッと見ただけじゃ傷がないように見えても

築年数が5年も超えてくると、

約7割の方が何らかの損害が見つかり、

火災保険の適応平均120万円を手にしているんです!

(屋根、クラックなど小さい傷も対象!)

そういうわけで、半信半疑ながらひとまず診断をしてみることに。

すると驚いたことに、なんとウチ(築13年)の場合は140万円も貰えることが判明!

こうして実際に振り込まれているのを見て、ようやく信じることができました。(笑)

※イメージ

給付金を貰うには?

ここまで読んで「ウチも使わない手はない!」と思った方も多いはず。

ですが、申請する時には下記の準備が必要です。

給付金を貰うためのポイント
①損傷箇所の特定
②損傷が起こった原因が自然災害であることを正しく保険会社に証明する

しかし実際に見てみると、

損傷箇所は屋根の上など結構見るのが難しい箇所ばかりだし、

保険の手続きも含めると一人でやるには面倒ごとがかなり多いんです。

そこで徹底的に調べた結果、最高に重宝したのが

完全無料で診断できるツール「保険工事の専門店Montaです!

>>Montaを使ってみる

今みんなMonta使ってます

使い方は簡単で、見積開示に必要な情報を入力していくだけ

ネットに疎い私(58)でもカンタンでした。

しかも、無料で実地調査から申請サポートまでお願いできたのは驚き!

ちなみに、火災保険で下りた保険金は受取後に修繕するかどうかは自由。

私の場合は修繕に加えて、前から欲しかった家電やソファなどいくつか買っちゃいました。(笑)

ちなみにこの給付金の注意点は、

損傷を受けてから 3 年以内でないと火災保険の請求はできないということ!

コレを知らずに請求が遅れて、受け取るはずだった100万円を逃すのはかなり勿体ないですよね…。

だからこそ、まずは気軽に診断してみることをお勧めします

自分の家だとどれくらいの額が受け取れるのか確認してみてください!

>>給付金いくら貰えるか確認する

実際にMontaを使って給付金を受け取った人の口コミ(公式サイトより抜粋)

実際、半信半疑でしたが、申請してみると自分では気づいていなった被災箇所の火災保険・地震保険金を受け取ることができ、驚きました。家族サービスに旅行でもと思っています。(東京都・49歳男性)

 

実家は築年数も浅く、素人目ではなんの被害もないように見えましたが、調査では、雨どいの変形がいくつか見つかり、 ほんの些細な変形なのに実際に下りた保険金は80万円超でとても驚きました。 「家も綺麗で被害も無いし、私には必要ない。」そう考えている人こそ一度利用してみたほうがいいかもしれませんね。(茨城県・50歳女性)

 

>>給付金いくら貰えるか確認する

給付金受け取るなら使わなきゃ損!

火災保険は「自分には関係ない」とお思いの方も多いと思います。

ですが、今回実際に申請を行ってみて、

本来受け取ることができた保険金を貰い損ねる」のはかなり勿体ないことに気づきました。

もしも、持ち家を持っているのに火災保険の申請をしたことがない人は

診断をしない方が正直損です。(なんせ無料なので)

請求権の期限が切れてしまう前に、早めに確認してみましょう!

無料でかんたん診断

>>いくら受け取れるか確認する

運営者情報