急がなくて大丈夫?
家の価格は知っておいて損はありません
▼画像をクリック▼

【の人必見】
不動産価格が急上昇中です!
家の価値を知らなければ損してしまいます。

2022年1月20日現在、不動産・土地価格が高騰していることをご存知ですか?

・日銀の金融緩和による低金利

東京オリンピック

・テレワーク普及

これらの効果で住み替えニーズが急上昇しています。


(参照元:土地DATA 「日本全国の地価過去の推移 総平均」より)

さらにコロナ禍で木材の流通が鈍化し、木材価値が上昇するウッドショックが発生。

中古不動産市場がかつてないほど大きな盛り上がりとなっております。

この機会を逃すまいと、不動産を査定する人が増加しています。

実際になんと約43%の人が住み替え物件を買った価格よりも高い価格の査定を受けたなんてデータ(*)もあるほど。

*2020年度 不動産流通業に関する消費者動向調査より

不動産バブルは崩壊寸前!?

実は現在の上昇傾向は間もなく終わり、その後は不動産の価格は暴落すると言われています。

テレワーク需要が減り始めていること等、要因は様々ですが、最も大きいのは「生産緑地法の改正」です。

生産緑地法とは、「最低30年土地を農地・緑地として維持すれば税制優遇を受けられる」という制度で、これが指定されたのが1992年。

指定の日から30年目となる2022年に一斉に生産緑地の解除がなされ、大量の土地が市場に配給されることが予想されています。

これにより大幅な地価の下落、不動産価値の急落が懸念されているのです。

この2022年問題がある以上、売却予定がない人でも今のうちに不動産価格を把握しておくのが賢明と言えるでしょう。

実際、私も築23年のマンションを試しに査定に出してみたところ、3,700万円という結果になりました。

正直、想像以上だったので現在は売却も検討しています。

⇒おすすめの査定サービスはこちら

正確に不動産価格を知る方法

正確な相場を知るためには、複数の不動産会社(可能なら3社以上)で査定するのが大切だとお伝えしたいです。

なぜなら不動産会社によって

「マンションが得意だが一軒家は苦手」

「都心は得意だが地方は苦手」

など得意不得意があり、どこに頼むかによって査定額が全然違うからなんです。

1社だけしか査定しなかったために、適正な相場がわからず売却まで進んでしまい、大損する人が後を絶ちません…。

これだけの不動産バブルなのに、1社のみの査定にしてしまうのは勿体なさすぎます。

効率良く複数の査定を受ける方法

とはいえ1社ずつ査定を依頼するのは大変…。

最初は私も不動産会社と面談するだけで骨が折れました…。

そこで私が利用してみたのが、複数の不動産会社の一括査定ができるサービス「リビンマッチ」。

利用してみて良かった点としては、

・査定先の不動産会社の質が高く、高額査定が出やすかったこと

上場企業が運営するサービスなので、安心して利用できたこと。

以上の2点があったので、個人的にオススメできるかなと思っています。

使い方は簡単で、物件情報をチャットで入力していく形式になっており、最大6社まで査定を出すことができます

⇒無料査定してみる

▼質問に沿ってポチポチ答えていく

資産管理のためにも不動産価格を把握しておきましょう

今日本はかつてない不動産バブルを迎えています。

今の不動産市場で査定しておかない理由がないです。

査定に納得できたなら、
売却を検討できますし、

万が一、査定に納得できなければ、
「売却しなければいい。」だけです

不動産の価値を知ることに
リスクは一切ありません

「いつか査定すればいいや」と思っているうちに、上昇状態が終わってしまう可能性は極めて高く、

スマホで無料・簡単に査定できるのに、やらないのは機会損失です。

今後の資産管理のためにも価値を知っておくのは必須なので、是非この機会に査定してもらっておくことをオススメ致します。

⇒無料査定してみる

運営者情報