急がなくて大丈夫?
家の価格は知っておいて損はありません
▼画像をクリック▼

【の人必見】
不動産価格の上昇で家を売る人続出!
家の価値を知らないと損するかも?

2021年11月30日現在、不動産・土地価格が高騰していることをご存知ですか?

・日銀の金融緩和による低金利

東京オリンピック

・テレワーク普及

これらの効果で住み替えニーズが急上昇しています。


(参照元:土地DATA 「日本全国の地価過去の推移 総平均」より)

さらにコロナ禍で木材の流通が鈍化し、木材価値が上昇するウッドショックが発生。

中古不動産市場が大きな盛り上がりをみせているようです。

この上昇状態のうちに、将来に備えて不動産を査定・売却する人が増加しています。

実際になんと約43%の人が住み替え物件を買った価格よりも高い価格で売っているなんてデータ(*)もあるほど。

*2020年度 不動産流通業に関する消費者動向調査より

価格上昇は間もなく終了!?今のうちに知らないと損する?

実は現在の上昇傾向は間もなく終わり、その後は不動産の価格は暴落すると言われています。

加えて、超高齢化社会に伴う人口減少や空き家問題も深刻化…

不動産を売りたくても売れない状態になってしまうんです。

もし少しでも自宅の売却を検討しているなら、いくらで売れそうか今のうちに調べておくのが賢明です。

実は私も、不動産価格が高騰していると聞いて築23年のマンションを試しに査定に出してみたところ…なんと3,700万円という結果になりました!

⇒さっそく無料で査定を依頼する

3社以上の相見積もりで適正な売却相場を知ろう!

高く売りたいなら必ず3社以上から見積もりをもらって比較することが大切です。

なぜなら不動産会社によって得意不得意があるらしく、どこに頼むかによって見積額が全然違うからなんです。

1社だけしか見積もりしなかったために、適正な見積もり相場がわからず大損する人が後を絶ちません…。

3社以上を比較すると相場感がはっきりと見えてきます。

比較して一番高く売れる不動産会社にお願いしましょう。

月間1万人が利用している無料の不動産一括査定が便利

とはいえ1社ずつ見積もりを依頼するのは大変…。

そこでおすすめなのが不動産一括査定サービス「リビンマッチ

住所等をチャットで入力していくだけで、約45秒・完全無料で、最大6社まで査定依頼を出すことができます

\質問に沿ってポチポチ答えていくだけ!/

上場企業が運営するサービスで、利用者数は440万人を突破しています。

マンションや戸建て以外の土地の査定も可能ですよ。

⇒ 無料で査定依頼してみる

しかも、不動産会社との契約成立後にアンケートに答えるだけで2,000円分のギフトカードがもらえます

インセンティブまでもらえるのは驚きですね。

査定依頼して見積もりを見てから売却を検討するのでもOK。

もしかしたらあなたの家も驚きの査定額が出るかもしれませんよ。

⇒ 無料で査定依頼してみる

\利用したらこんなに得した!/

実際に、「最高価格で売却できた!」という声が多数あがっています。(公式サイトより抜粋)

複数の会社による査定額などを比較検討して、なるべくベストなかたちで売却できるようにしたいと思い、査定結果を比較できるリビンマッチを利用しました。

複数の中から依頼した会社は、「不動産を売却する際は価格交渉に入り、仮に価格を下げられても損をしないように」という根拠のもと、ギリギリまで高い査定額を出してくれました。

(Oさん/50代女性)

 

比較を重ね、一社と専任媒介契約を結びました。

専任でお任せしようと思った理由は2つあります。査定額が高かったから、そして担当者の対応が良かったからです。

住宅ローンの残債があったため、損をしないようにと少しでも高く売るための工夫をして、査定額を出してくれました。

おかげで専任媒介契約を結んでから、わずか一か月で無事に売ることができました。

(Fさん/50代女性)

 

複数の中から、大手だけじゃなくて地元の不動産会社を紹介いただけたことが良かったです。

私が東京に住んでいたのでなかなか会うことができないですが、一生懸命動いてくれてスピーディーでした。

弁護士との交渉の場面でも担当の方がやってくれたりと非常に対応が良かったです。

(Sさん/40代男性)

現在の家の価値を査定してもらうのは超重要!

今日本はかつてない不動産の価格上昇を迎えています。

「いつか査定すればいいや」と思っているうちに、上昇状態が終わってしまう可能性大。

スマホで無料・簡単に家の査定依頼をできるのに、やらないのは損です。

売却を少しでも考えているなら現在の自宅の価値を知っておくのは必須なので、今すぐリビンマッチを使って査定してもらいましょう。

⇒無料で査定依頼してみる

運営者情報