ほんとにいいの?
家の価格は知っておいて損はありません

▼画像をクリック▼

マンションが3ヵ月以上売れないなら
売却戦略を見直して家を売る方法

持ち家を売り出してみたが、なかなか買い手がつかずに悩んでいる方もいるでしょう。

マンションの売却期間は、3ヵ月がひとつの目安です。
3ヵ月以内に全体の7割ほどが成約、6ヶ月以内で9割ほどが成約にいたっています。もし3ヵ月以上売れていないなら、売却戦略を見直す必要があるかもしれません。

この記事では、あなたの家が売れない理由とその解決策を徹底解説します。

はじめに少しだけ結論をお話しすると、スムーズな売却のためには不動産会社の存在が不可欠!
現在の不動産会社に満足できないと感じている方にも役立つ内容になっていますので、家を売りたい方は最後までお読みください。

⇒ 不動産会社を見直したいなら

あなたの家が売れない理由は?

家が売れない理由として、以下が考えられます。

価格が相場に比べて高すぎる
②不動産会社が売る努力をしていない
需要が低いまたは競合が多い立地・エリア

それぞれ当てはまっていないかどうか見てみましょう。

①価格が相場に比べて高すぎる

まずは、価格が相場に比べて高すぎることがないか確認しましょう。

家の購入を検討している人は、不動産サイトなどを毎日のように確認して、「だいたいこの条件だと〇円ぐらいか」という相場を把握しています。高い買い物ですから、しっかり調べて検討するのは当然ですよね。

その上で、相場より安かったり、条件がいい不動産があると、購入を検討しはじめるわけです。そのため、相場価格を知っておくことは非常に重要です。

>> 不動産価格の相場を知りたいなら

②不動産会社が売る努力をしていない

相場価格で売り出しているにも関わらず、売れない場合。
不動産会社が売る努力をしていない可能性があります。

特に、「囲い込み」には注意が必要です。

囲い込みとは、物件情報を他社に開示しないことで、自社で契約を目指す行為のことです。
不動産会社からすれば、仲介手数料がかかってしまうので、「売れないなら、買取しましょうか?」と買取に運んだほうが利益が大きいのです。

もし不動産会社が売るための努力をしていないと感じたら、すぐに別の不動産会社に変更しましょう。

③需要が低いまたは競合が多い立地・エリア

自分が売却するマンションがどんなエリアなのかまず把握しましょう。
また、競合住戸に対して適正な価格設定ができているか不動産会社と相談してみるのが得策です。

なお、賃貸のニーズや適正価格については不動産会社に聞いてみるのが一番。
さらに、マンション売却に強かったり特定のエリアに強い不動産など、不動産の種類はさまざまです。
だからこそ、不動産は1社と決めず複数の不動産で一括査定するのがよいでしょう。

不動産会社と売却戦略の見直しが必須!

当てはまるものはありましたか?

上記のような理由がない場合でも、営業マンと相性が合わなかったり、不信感が残るケースもあるでしょう。そのような場合は、不動産会社を変更するのも有効な方法です。

信頼できる不動産会社を見つけたいなら、複数の会社を比較して選ぶことが重要です。

そんなときに便利なサービスがリビンマッチです。

パソコンやスマホで住宅の住所をチャットで入力していくだけで、約1分で家の査定を依頼することができます。

加盟店は不動産査定サイトの中でも最大級の約2,600事業所。
無料で一括して査定依頼
できるので、複数の不動産会社を訪問する手間も省けます。

不動産が売れないとお悩みなら、相場を調べる、または不動産会社を変更することを検討しましょう。 まずは一括査定サイトを利用して、複数の会社を比較してみることをおすすめします。

⇒ 無料で一括査定してみる