歯が与える印象の違い

話し相手の歯の黄ばみが気になる時ってありませんか?
同じように自分の歯を見て不快感を持たれてしまうのは嫌ですよね。
対人関係において黄ばんで汚れた歯は、不衛生でマイナスのイメージを持たれてしまいます。

この記事では、歯が与える印象の違いを説明します。

歯の色は見た目年齢に大きく影響する!

実は、歯が白いだけで見た目印象が5歳も若く見えると言われています。

イギリスで男女2000人を対象に、人は歯が白い人に対してどのようなイメージを抱くかという調査が行われた結果、歯が白い人は実年齢より5歳若く他人の目には映ってることが判明しました!

歯が白いだけで5歳も若くみられるなんて驚きですね。

また、顔の中でもっとも目が行くところは目元に次いで口元なんだそうです。
口元は顔の中で一番変化に富んでいて、大きく動くため、印象に残りやすい部分なのです。
口元に目がいく際、自ずと歯にも注意が注がれます。
歯が美しく整っていれば、それだけで顔の印象がとても若いイメージになります。
逆に、歯がくすんでいれば顔の印象もくすんで見えてしまうものです。

歯は顔の若々しさを決定付ける1つの重要なポイントといえます。

歯を白くして印象アップへ!

若々しさだけではありません。
人からの見た目の印象が良くなると同時に、人と接する自信を持つこともできます。
歯を白くすることで、以下のようなメリットがあります。

  • 第一印象を良くする
  • 清潔感を与える
  • 明るいイメージを持たせる
  • メイク映えが良くなる
まとめ
  • 歯の色は見た目年齢に大きく影響する
  • 歯を白くすることで、明るい印象や、清潔感のある印象を相手に与えることができる