外壁塗装に助成金?
145万円230万円になった母と
158万円52万円になった私の話

(※この記事は3分で読めます)

「外壁塗装」で調べるとよく予測変換に出てくるのが、「助成金」や「補助金」という単語。
というのも、外壁塗装をする際に国や地方自治体が助成金(補助金)を出してくれる制度があるからなんですね。

地域によって条件や相場が異なりますが、助成金の利用で平均10〜20万円安くなることも!

東京都
品川区
エコ&バリアフリー
住宅改修
20万円 屋根、外壁など10万円以上(税抜き)の遮熱性塗装に10%を補助
大阪府
摂津市
住宅リフォーム
補助金
25万円 10万円以上の屋根、外壁のリフォーム工事に、2分の1まで補助
北海道
札幌市
住宅エコリフォーム
補助制度
50万円 「屋根又は天井、外壁全体の断熱改修」を
総工事費の10%又は一戸当たり50万円の少ない額を限度に補助

とはいえ申請したら誰でも貰えるわけではなく、受け取るには条件や各自治体の予算等の確認が必要ですしこれが結構複雑で面倒・・・)なにより

安くて良い業者を相見積もりして見つけておくことが大切です!

結論から言うと私の場合は、超簡単な方法で当初の見積もり158万円から最安値の業者を見つけ72万円、更に助成金利用で52万円にまで下げることに成功しました!

浮いたお金で欲しかった家具や家電製品を購入でき、ますます「おうち時間」がはかどっています♪

>>超便利なサイトで無料で調べる

 

外壁塗装、適当にやると大損します。

とはいえなぜそこまでコストダウンに必死になったかというと・・・きっかけは私の母の苦い体験です

母は外壁塗装の際、業者や助成金のこともきちんと調べないまま、近くの業者に依頼
その時の見積もり費用は145万円
母は「少し高いけどこんなものかな」と思い、そのまま依頼。

しかし、実際にかかった金額は見積を大きく上回る230万円!

実は、塗料金額や人件費などは業者によってまちまちなことから外壁塗装の相場はあってないようなもの

そして母が利用した業者は有名な悪徳業者だったんです

私が使った裏技はコレ

そんな母の一件があってから「自分が外壁塗装する時は絶対に色々な所で見積を取りまくろう」と決意していた私ですが、一社ずつ見積もりを取ってもらうって本当に骨の折れる作業なんですよね

(※相見積もりは最低でも3社以上が必須と言われています

そこで徹底的に調べた結果最高に重宝したのが、月の利用者が30万人を超える日本最大級の外壁塗装専門サイト外壁塗装の窓口」でした。

 

>>無料で相談してみる

 

相見積もりの面倒さに挫折しけかけた私ですが、外壁塗装の窓口なら簡単に相見積もりできて最安値の確認が可能!

さらに自宅が助成金対象かをスムーズにチェック出来たので、当初の見積もり158万円から52万円にまで下げることに成功しました!

ちなみに、同様の一括見積サイトについても調べましたが
条件に合った最安値の業者が知れて、助成金対象か相談できるサイトは「外壁塗装の窓口」一択でした

 

>>助成金がもらえるか無料で調べる

 

そんな「外壁塗装の窓口」のおすすめポイントがこちらです。

最短10秒で簡単見積比較!

「外壁塗装の窓口」では最短10秒で見積をすることが可能。

しかも紹介してくれるのは9.8%しか通過しない厳正審査をクリアした優良業者ぞろい!

しつこい電話勧誘もないので心配ありません。

ちなみに、今回の私の母のようなリフォーム被害被害届は1日平均15件にのぼることもあるそうです・・・。

そんな不安・心配事の尽きないこの業界を徹底的に改革するために活動しているのが外壁塗装の窓口なんですね。

思い立った時に簡単に相談できる

「外壁塗装の窓口」は申し込みが簡単

まずは該当項目をチェックするだけなので難しい操作は必要ありません。

利用者の口コミ(公式サイトより抜粋)

 

>>無料で相場を確認してみる

 

人気な日は予約が埋まってしまう場合も

1点ネックなのはシステムの関係上、一日の利用人数を制限しているところ

人気な日はすぐに埋まってしまう可能性があります。

その日の受付可能組数は公式サイトに書いてあるので、気になっている方はすぐに確認してみてください。

>>無料で相場を確認してみる

損のない外壁塗装を

助成金を使うか使わないかは自由です。

しかし、もし利用するとしたら期限があるので締め切られる前にお早めのご相談をお勧めします。

また、利用しない場合も、外壁塗装の際はまず業者の相見積もりは絶対に必要ということだけは忘れないでください。

これからも長く住む大事な自宅のためにも、私の母のように大損しないことを祈っています

運営会社